スポンサーサイト

  • 2020.04.30 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    アルスマグナ炎夏祭〜SAMBA CARNAVALに行ってきたよ

    • 2016.08.21 Sunday
    • 06:01

    2016.8.13 Zepp DiverCity その

     

    ・先生のMC

    ・「楽しすぎてヤバイ!熱いもの。炎夏祭、リオオリンピック、ポケモンGO!、セミファイナル」←ちゃっかり流行りに乗る先生(笑)

    ・先生が遭遇した夜のセミファイナル話

    ・毎度恒例の「どこから来たの」

    ・この日は奏君の話

    ・集合時間とか遅れないし、忘れ物もしない。水飲んでも汗かかない。汗かかないから心配するけど平気っていう。

    ・泉はミスしない。みんなが出来ると思ってる。でも「できる」って思われてるってことは逆に「褒められない」。

    ・だから言葉で泉に伝えてあげたい。

    ・先生が思う泉がかっこよかった瞬間。ダンマスでのクラウドライダー。泉の「感情の堤防が溢れた時」

    ・先生の誕生日の時もメール来るのすごく早い。ほかのメンバーとか翌日に言うんだけど(笑)

    ・これからも泉のそばに居てあげてほしい。男は「カッコいい」って言われると嬉しいはずだから

     

    ・和装でのボカロ。

    ・提灯を持っての登場。水干衣装。白っぽく見える。曲はわからないけど、すごく好き。

    ・終盤でパク君が蛍っぽいものを捕まえて放つとこがあるんだけど、それは虫とかじゃなくて何かの命っぽくも見えるし、宗教的なことはわからないけど、神楽舞?というのかな?捧げるための舞なような気もした。

     

    ・アキラ君ソロ。

    ・ステージ上の月がきれいで、アキラ君の伸びのある声も良かった。早く音源ください!!

     

    ・サンバdeわっしょい!

    ・前日は九瓏幸子大おばあ様もいらっしゃたっとか。見たかった。大おばあ様と孫である先生の共演。

     

    ・テンション高いままでの夏キス

     

    ・そしてマタドール衣装でのらぶマタドール。赤いカポーテを手に踊る姿はほんとに華麗に舞う闘牛士のようで素敵だった。小道具と言ってしまえばそれまでだけど、そういうものを使ってちゃんとアルスのダンスというか世界観を作り上げてるのはいつも凄いと思う。

     

    ・ボクはつづく

     

    ・HIGH FIVE

    ・ここでも先生とアキラ君の距離が零距離なんじゃないかってくらい+.゚(*´∀`)b゚+.゚

    ・オセロ組でのマイクを向け合ったり、先生とタツキ先輩が盆おどりだったり、やっぱり生で見るのはイイですね(o◕ܫ◕)→ܫ←)

     

    ・アンコール

    ・の前に告知コーナー。

    ・映画の会場名をアキラ君「バロン9」え?バルト9??

    ・クロノステージ

    ・9/21新曲「EverYell」

    ・12/22 Zepp Namba

    ・12/24 Zepp DiverCity Tokyo二か所にてクリスマスプロム開催。

    ・パク君「とりあえずケーキ」

    ・EverYellお披露目。ダンス好き。

     

    ・御挨拶

    ・タツキ先輩「噛んでない〜!凄い楽しかった。本当にありがとうございます。緊張した みんなで会いに行きます」←ちょっと後半メモに書いてあるけど文脈変だな(^_^;)

    ・パク君「盛り上がった人!!楽しかった人!!僕が一番たのしんだ〜!!」パク君が楽しそうな顔だったらこっちもすごく楽しいのだよ(◕ω◕❀)

    ・奏君「本日はありがとうございました。皆さんと熱くなれたと思いますが俺の方が熱くなりました。皆さんと過ごす祭、今夜はゆっくり眠れそうです。ありがとうございました」普段はスンとしてる奏君だけど、誰よりも熱い気持ちを持ってるのはみんな知ってるのだよ。

    ・アキラ君「ありがとう!終わってやっと始められる。新しくスタートできる。」続けることも大切だけど、何かが終わらないと始まらないものもある、そう考えるとツアーに1公演1公演がそれなのかな?って。

    ・先生「一日が終わる時、楽しかったことを思い出し、実感する。楽しみに行く。辛いときは俺達と会った日を思い出してほしい。今日は楽しかった!俺達、最高でした。ありがとう」

     

    ・夢地図

     

     

    私にとって約1年ぶりの夏のアルスちゃん。

     

    去年はボッチ参戦だったけど今年はたくさんのメイトさんと一緒に楽しむことが出来ました。 ほんとにありがとうございます。

    ダイバーシティはほぼほぼ後ろで、肝心の推しであるパク君が見えないという(苦笑)状況でしたが、時折見える長い手­で、あ、パク君いまそこにいるのか♡と確認しておりました(笑)

     

    アルスはダンスが上手いのは言わずもがなだけど、去年よりコントのクオリティが上がってる気がします(笑)

    え?歌って踊ってお笑いもできるユニット目指してるって事ですかねww 水干衣装のはほんと良いですね。

     

    「和」という世界観で踊るアルスは別世界の人だな〜って。きっとダンスの細かい箇所にも意味があるのだろう、と思ってみてました。

     

    先生の奏君のお話。出来てしまうが故にそれが当たり前になってしまう、ちょっと損な役になってしまう奏君。 きっと誰よりも練習して努力して、でもそんなとこはみじんも見せない。 そんな姿は先生からしたら全部お見通しなのね。 でも朝の駅で誰よりも早く来て、場所も間違えずに来る。それを信用してくる先生もちょっと可愛い。 アルスを背負ってるエースだけど、普通の男の子な事には変わりない。たくさんたくさん奏君を見てほめてあげなきゃ゚.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。!!

     

    そんなこんなでとても楽しい時間でした☆

    スポンサーサイト

    • 2020.04.30 Thursday
    • 06:01
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      お久しぶりです。

      アルスマグナに逢ってきたのですね。
      楽しそうな様子が伝わってきます。
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      いらっしゃいませ☆

      ブログパーツUL5

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM