スポンサーサイト

  • 2020.04.30 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    黒執事Book of Circus/Murder New Year's Party 〜その執事、賀正〜に行ってきたよ?

    • 2015.01.15 Thursday
    • 16:40
    1月11日の「黒執事Book of Circus/Murder New Year's Party 〜その執事、賀正〜」のイベレポメモその?です。
    ここからやっとこさ夜公演になります。

    日が欠けってきて、やっぱり入場待機列は寒かったですが、夜は結構さくさく進んでいたような気がします。

    ・夜公演は18:10ぐらいからスタートしました。
    ・よっぴーの『抱かれるならバルドよりむしろフィニに抱かれたい』でもそれ体が折れる気が…(-_-;)
    ・小野Dの『おねだりの仕方はお教えしたでしょ?』は久々に聞けて良かったです☆
    ・「あけおめ執事ですから」@小野D
    ・ジョーカー役の真守ちゃん「紳士淑女のお集まり〜世紀のショーの始まり〜」と華麗なステップで登場☆
    ・ウィル役の杉山さん「サービス残業は許さない。狩りますよ」と労基局も顔負けの忠告です。
    ・スネーク役寺島さん「鶴は千年ってワーズワースが言っている…」あなたが巻いてる蛇はいったい何年生きるんだよ〜〜!!
    ・バルド役東地さん「ここは地の果て。厨房へようこそ」ってあのシーンのセリフですね。私は黒執事で粉塵爆破という言葉を覚えたよww
    ・フィニ役梶きゅん「あけましておめでとうございます!!あくまで庭師ですから!!」もう、かわいすぎてどうしていいのかわからないよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
    ・劉役の遊佐さん「面白いことが起こるに違いない、かな?やぁ、藍猫?」
    ・葬儀屋役諏訪部さん「魂は一人に一つ。大事におしよ」毎回思うんだけど、これって黒執事で重要なセリフなのかな?って。(シエル2人説とか)
    ・チャールズG役木村さん「さっさとしてよね〜。デザートがまだなんだから」こういうわがままなお芝居って木村さん上手だな〜って思っちゃいました。
    ・チャールズF役まえぬ「万が一に対応できてこそ一流」なんかもう、チャールズFは職人の域に行ってるんだと思うww

    ・キャスト勢揃いで「みなさん同じ職業の方とは思えない」@よっぴー
    ・美容師さんみたいな感じの寺島さん。確かに、こういう美容師さんいるな〜。
    ・寺島さんの蛇で遊ぶ梶きゅん→その蛇でまえぬに悪戯ww
    ・この日のセバス(小野D)の手は枢やな先生さく『謹賀新年D』

    ・名シーンセレクション
    ・「Book of Murder」からシエルたんとセバスのフランス語のシーン
    ・真守ちゃん「セボ〜ン」小野D「メルシ〜」
    ・「この2人(席を)並べたのが失敗だった」@よっぴー
    ・真守ちゃんの「セシボ〜ン」になぜか「エッフェル塔!!」と答える小野D。アカン。それ、道頓堀からエッフェル塔のヤツやんww
    ・フランス語の先生の名前は遊佐さん命名の「モレシャンさん」←昭和の発想ww
    ・小野D「先生が厳しかった」との話。ボをヴォにしてください等。真綾ちゃんは1発OKで先に帰りました@小野D
    ・フランス語のシーンだけ後録りだったらしい。
    ・周りにはわからない言葉でちょっと嫌味なニュアンスも入れるのは大変だった。
    ・この日のキャストの控室は部室状態@よっぴー

    ・「Book of Circus」から最後の『これが人間なんだよ!セバスチャン』
    ・真守ちゃん「アニメオリジナルのラストシーン。家族、仲間を思いほかの人の命を奪っているジョーカー達。人は綺麗事だけでは生きていけない。それでも必死に生きる。ただただ幸せになりたい」ととても真剣にこのシーンについて述べる真守ちゃんがめっちゃかっこよかった。サーカス編はまさしく、真守ちゃんのこの言葉にすべてが集約されているような気がした。
    ・寺島さんはこのラストシーンをあえて見ないようにしていたらしい。スネークはサーカスのみんなが死んだと知らないので。でもほかの団員の顔がいい顔だったのでよかった。

    ・名シーン再現「シエルの入団テスト綱渡りのシーン」
    ・小野Dと真守ちゃんですが「2人とも声優なのに動きが面白い」とほめるよっぴー
    ・真守ちゃんのめっちゃいい声での「ハイ☆笑って〜〜!!」と「ほら♪ニッコ〜〜っ」がめっちゃ面白かった。
    ・小野Dの「ほんま、堪忍な」真守ちゃんの「もぅ、ええねや〜」
    ・シエルに小石を飛ばしてバランスを取らせるセバスがどう見てもエドは○みのネタな件
    ・真守ちゃんの「石、飛ばしなさいよ!!」
    ・セバスの「わははは、蝋人形に…」ww

    ・次の名シーン再生は冒頭絵が出ないというちょいアクシデント発生ww
    ・セバスとウィルの空中ブランコのシーン
    ・ウィル「ショーが出来ないでショー!!」
    ・セバス「ショウがない」
    ・ウィル「BL?はいやだと言っているでショー!!」
    ・セバス「そうはいかないでショー」「おいショ〜」
    ・ウェル「あぶないでショー」
    ・セバス「Iam勝利」
    ・杉山さん提案でリハで「ショー」で韻を踏むことに。まじめすぎるウィルが攻めるとこんなにも面白くなりますww
    ・小野D「この方、死神じゃなくて悪魔ですよww」確かに。

    ・「Book of Murder」から梶きゅん、東地さん、遊佐さん、木村さん、小野D
    ・まえぬ「黒執事、10話で登場です。最終回です」
    ・梶きゅん「今年30歳です!!」マジか!!まだ20代中番と思っていたよ…。←名シーン再現では台本無しで挑みます!!
    ・で、フィニのセリフ「へぇっ!」の一言ww
    ・チャールズG「梶くん本当にあれだけなの??」名シーン再現ですがアドリブ全開でお送りしています(笑)
    ・ジェレミー「みなさんもSガールと気軽に読んでください」
    ・諏訪部さん「このセガールは地上波に出ない!!」
    ・遊佐さん「(ジェレミーの役を)モレシャンさんも笑ってるでしょ?」
    ・小野D渾身のフランスネタ「エッフェル塔、凱旋門、モンサンミッシェル、リュック・ベッソン…もう無い。。。フランスパン!!」
    ・小野D、ジェレミー役をやるにあたり「僕で本当にいいですか?ってスタッフと話をした。変にやるとギャグになるからある意味苦労した役」確かにジェレミーの声の感じはセガールというか大塚明夫さんみたいなナイスミドルな感じなので、劇場でほんと、一瞬「ん?」って思ったし。
    ・梶きゅん「最高の『へぇ!!』お送りしました」

    ・Liveは昼公演に続いてAKIRAさんの『蒼き月満ちて』
    ・黒執事とファッションについてみたいな話。シエルの眼帯が一時ブームになっていろんなブランドから発売された話。
    ・黒執事はサンフランシスコで結構ウケてるらしい。確かに輸入盤のDVDで黒執事あったな〜。


    とりあえず、また長くなったので?に続きます。

    スポンサーサイト

    • 2020.04.30 Thursday
    • 16:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      いらっしゃいませ☆

      ブログパーツUL5

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM